【辺野古埋め立て承認】元防衛事務次官「中国進出阻止に不可欠」 沖縄は大変重要




【辺野古埋め立て承認】普天間飛行場移設問題に防衛官僚として深くかかわった元防衛事務次官、守屋武昌氏の話…普天間移設問題が長引いた背景には、九州南端から台湾東北にかけて位置する南西諸島の安定に果たす日本の軍事的役割の大きさについて、国民の基本的認識が欠如しているからだ。中国は海軍力を持つのにふさわしくない地形的なハンディキャップがありながら、尖閣諸島周辺を領海侵犯するなど、この地域への海洋進出を図っており、南西諸島の重要性は、日本だけのものではなく、国際社会に対する日本の責任でもある。 地元には沖縄に米軍基地は必要ないとの意見もあるが、極東ソ連軍に対して北海道が重要だったように、中国が海軍力を周辺国に及ぼそうとする今、沖縄は大変重要で代替できない。辺野古移転により、その重点拠点が安定的に維持されることは非常に大きい。(msn)抜粋。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック