【集団的自衛権】解釈変更、野党議員が後押し 新憲法制定推進大会




【集団的自衛権】1日に開かれた「新憲法制定議員連盟」(会長・中曽根元首相)の「新しい憲法を制定する推進大会」では、野党議員から安倍首相が意欲を示す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更を後押しする発言が相次いだ。 民主党の長島元防衛副大臣は、党内などの解釈変更慎重派を横目に「『集団的自衛権を行使したいのなら憲法改正すればいい』という人がいるが、惑わされてはいけない。そういう人はだいたい憲法改正に後ろ向きか、行使に理解がない」とばっさり。 日本維新の会の平沼国会議員団代表は「是々非々で野党としての立場を貫いていきたい。憲法改正や集団的自衛権の問題は一生懸命に協力し、実現に向かって努力したい」と訴えた。(msnニュース)抜粋。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック