【中国問題】高村氏、日中首脳会談に期待感 張氏との会談「今後につながる可能性ある」




【対中国問題】自民党の高村副総裁は7日、中国共産党序列3位の張徳江全国人民代表常務委員長と5日に会談したのを受け、日中首脳会談の実現に期待を示した。「今後につながる可能性はある。首脳会談で戦略的互恵関係を取り戻せば、めでたしとなる」と党本部で記者団に述べた。 高村氏は張氏との会談で、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議首脳会議の際の首脳会談の開催を提案した。 ▽木原防衛政務官は2日、英国ロンドンの国際戦略研究所で講演し、「個人的見解」と断ったうえで、中国が尖閣諸島の領有権を主張し続けるのであれば、「オランダ・ハーグ国際司法裁判所に提訴するしかないだろう」との見方を示した。 尖閣諸島については「歴史的にも、国際法上も日本の領土だ」と表明。「戦争による問題の解決はあり得ない」とも訴えた。(msnニュース)抜粋。(msnニュース)抜粋。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック