【内閣改造】安部首相、菅長官らの留任を明言 長崎での記者会見で




【内閣改造】安倍首相は9日、長崎市内のホテルで記者会見し、9月第1週の内閣改造での菅官房長官の処遇について「安定的に政策を進めていくうえで、今後とも引き続き職にとどまってもらいた」と述べ、留任させる考えを表明した。 ▽9月の内閣改造・自民党役員人事では、岸田外相の留任を期待する声がある一方、党幹事長に推す向きもあり、その処遇が注目される。温厚な性格を前面に出し各国外相との会談では良好な関係を演出してみせた。これから、どう関係を深めていくかが重要になる。それだけに外務省内には「後2年、外相を続けてほしい」(幹部)と続投への期待感が高まる。しかし、首相周辺には岸田氏に別の役回りを求める動きもある。首相は内閣改造で石破氏に安保法制担当相を打診したとされる。首相が石破氏を留任させない場合、次の幹事長ポストに岸田氏を抜擢する案が浮上している。(msnニュース)抜粋。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック