【内閣改造】石破氏への安保相打診 菅氏「人事は首相一任」 首相、打診否定




【内閣改造】菅官房長官は29日の記者会見で、安倍首相が9月上旬に行う内閣改造と自民党役員人事に伴い石破幹事長に幹事長交代と安全保障法制担当相への就任を打診したことに関し、首相の判断を尊重する考えを示した。「「人事は全て自民党総裁である首相が一任を受けて行う。それが自民党の歴史であり、首相が最終的に判断するに尽きる」と述べた。 ▽公明党の山口代表は31日の記者会見で、内閣改造に関し、安倍首相が中南米5カ国歴訪から帰国する8月4日以降に相談したいとの意向を示した。「帰国して、改造に向けての首相自身の考えを承って、よく相談する。状況を見て対応したい」と述べた。(msnニュース)抜粋。 ▽安倍首相は31日、訪問先のチリで、内閣改造・党役員人事について同行記者団に語った。具体的な人選や交代の規模については全くの白紙だ」と述べるにとどめた。自民党の石破幹事長に対し、新設する安全保障法制担当相を打診したとの報道に関しては「(人事は)まだ決めていないわけだから、打診することはない。それははっきり申し上げておきたい」と強調した。(時事通信)抜粋。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック