【朝日慰安婦誤報】菅長官「客観的事実に基づく歴史認識形成を望む」

【朝日慰安婦誤報】菅官房長官は5日の記者会見で、朝日新聞が慰安婦報道での誤報を一部認めたことに関し、「客観的事実に基づく正しい歴史認識が形成されることを望んでいる」と述べた。 ▽さすがは、朝日新聞。と思わずうなりました。5、6の両日にわたって記載された慰安婦報道の検証記事に、です。記者たちは、21年前の小社夕刊(産経新聞・大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more