テーマ:対中国問題

【慰安婦資料を記憶遺産に】中国、慰安婦資料、南京事件をユネスコに登録申請

【慰安婦資料を記憶遺産に】中国政府は、国連教育科学文化機構(ユネスコ)に対し、日中戦争に旧日本軍の南京占領下で起きたとされる南京事件と慰安婦に関する資料を記憶遺産に登録するよう申請した。中国外務省の華報道官が定例会見で明らかにした。 申請した時期や資料の詳細は不明だが、中国政府は4月吉林省長春市に司令部があった関東軍憲兵隊な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中韓問題】習主席が訪韓 朴大統領と首脳会談へ “告げ口”外交再開か

【対中韓問題】国賓として韓国を訪れる中国の習近平主席は3日、韓国の朴大統領と首脳会談に臨み、北朝鮮をめぐる情勢や対日政策を協議するとみられる。 朴氏は3月の日米韓3カ国首脳会談以降、第三国の首脳に対する日本批判を控えていたが、慰安婦問題をめぐる河野談話の検証結果公表に不快感を示しており、“告げ口”外交が再開する可能性がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【政治・外交】「安部首相はもう靖国に行かない」 高村氏「日中関係が進展すれば」

【日米関係】来日中のノベリ米国務次官が、7日、都内で記者会見し、日米両国は中国に法の支配を尊重させ、貿易ルールや国際法を守らせることで得られる利益を共有していると指摘し、サイバー犯罪の防止策などで、日本との協力体制を強化する意向を示した。また、サイバー攻撃による企業情報の不正入手を強く懸念し、9日から始まる米中対話で改めて問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日中首脳会談】実現には「双方の努力」必要 中国共産党幹部、社民党首に

【日中首脳会談】社民党の吉田党首は6月26日の記者会見で3日に北京で会談した中国共産党の王家瑞中央対外連絡部長が日中首脳会談の実現に向けて「双方が努力し、会談実現の雰囲気をつくることが大切だ」と述べたことを明らかにした。吉田氏は会見で「関係を改善したいとの(中国側の)思いを感じた」と語った。 ▽【中国紙のきのこ雲掲載】岸田外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国軍機また異常接近】斉木次官、程大使に抗議「5月の時に再防止を要請していたのに」

【中国軍機また異常接近】外務省の斉木次官は12日、中国の程駐日大使を外務省に呼び、中国軍機が東シナ海上空で自衛隊機に異常接近した問題について厳重に抗議した。程氏は抗議を受け入れず、逆に自衛隊機が中国軍機に接近してきたと反論した。 斉木氏は程氏との会談後、記者団に対し「5月下旬にも抗議し、再発防止を要求していたのに同様の事案が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【アジア安保会議】「国際法とは相いれない」、中国軍に質問集中 強硬姿勢に強い懸念

【アジア安保会議】シンガポールで1日開かれたアジア安全保障会議では、各国の有識者から中国人民解放軍の王冠中副参謀長に質問が集中し、東・南シナ海で強硬姿勢を強めている中国に対して各国が強い懸念や関心を抱いていることが浮き彫りになった。 約1時間45分にわたった分科会では王氏とロシアのアントノフ国防次官の2人が演説。これを受け質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国軍機異常接近】首相、外交ルートでの抗議を指示  「今後も警戒監視を」

【中国軍機異常接近】安倍首相は26日、首相官邸で小野寺防衛相から中国軍機が自衛隊機に異常接近した問題について報告を受け、「外交ルートでしっかり抗議し、今後も警戒監視を継続するように」と指示した。 一方、菅官房長官は同日の記者会見で、この問題について「偶発的な事故につながりかねない極めて危険な行為で誠に遺憾だ。中国側に不測の事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国軍機異常接近】「無線警告なかった」 小野寺防衛相、アジア諸国に説明へ

【中国軍機異常接近】小野寺防衛相は26日の参院決算委員会で、中国軍機が自衛隊機に異常接近した問題に関し、「関係国に日本の状況の説明をしっかりすることが大切だ」と述べ、アジア太平洋地域の国防相が集まる30日からのアジア安全保障会議で中国側の異常な行動を説明する考えを示した。「自衛隊機が中露海軍合同演習を妨害した」とする中国の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国軍機異常接近】「常軌を逸している」小野寺防衛相が中国軍機異常接近を批判

【中国軍機異常接近】小野寺防衛相は25日、中国軍の戦闘機が自衛隊機に異常接近したことについて「(自衛隊機は)普通に公海上を飛んでいるのに、あり得ない。常軌を逸した近接行動だ。あってはならないことだ」と述べ、中国側の対応を批判した。防衛省で記者団の質問に答えた。 中国軍機の異常接近を公表した理由について「このような近接する中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【安重根記念館】自民議連、中国序列4位と会談 安重根記念館「容認できない」と問題提起も

【安重根記念館】自民党の議員連盟「アジア・アフリカ問題研究会」会長の野田毅元自治相らは9日、北京の人民大会堂で、中国共産党序列4位の兪正声・人民政治協商会議主席と会談した。兪氏は会談冒頭「私はずっと中日の友好関係を主張してきた一人だ。民間や経済の往来を継続していくべきだ。双方が努力を払っていけば必ず難局を乗り越えられると信じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【商船三井船舶差し押さえ】「やり過ぎだ」政府、国際司法裁判所提訴を検討

【商船三井船舶差し押さえ】戦後補償をめぐる訴訟で中国の上海海事法院が商船三井の船舶を差し押さえたことに対し、日本政府は昭和47年の日中共同声明ですでに「解決済み」となっていた日中間の損害賠償問題を中国が蒸し返したとして警戒を強めている。近く中国に外交ルートを通じて抗議。国際司法裁判所への提訴も視野に対抗措置を検討している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国観艦式】米、艦船見送り、高官は派遣 「海自外し」に抗議  海自に招待状届かず

【中国観艦式】中国海軍が4月下旬に中国・青島で開催する国際観艦式について、海上自衛隊に派遣を要請する招待状が届いていないことが30日、分かった。国際観艦式は、平成21年4月以来5年ぶりで、今回は中国海軍創設65周年を記念し、アジア太平洋地域各国の艦船を招いて開催される。中国海軍は、米露など14カ国の艦船21隻が参加した前回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米同盟

【日米同盟】奈良「正論」懇談会の後援会が2月27日、奈良市のホテルで開かれ、ジャーナリストの櫻井よし子氏が「今、日本が直面する内外の課題」と題して講演し、「米国は国際社会への関与を薄めており、日本の外交安全保障の根幹を揺るがしている」と警鐘を鳴らした。 桜井氏は「日本国の運命は日本を挟む米中が握っている」と強調し、「同盟国で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【尖閣諸島】米国、尖閣防衛義務を表明  中国は領有権「妥協せず」と反発

【尖閣諸島】中国を訪問しているヘーゲル米国防長官は8日、北京で中国の常万全国防相と会談し、中国が領有権を主張する尖閣諸島をめぐり、日米安保に基づく日本防衛義務を果たす考えを主張した。常氏は領有問題をめぐり「妥協しない」と主張。領土を守る必要があれば、中国は軍事力を行使する用意があると述べ、米側の姿勢に反発した。AP通信が伝え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【南京事件】犠牲「30万人以上」 政府、習主席の発言に抗議 中国「否定できない事実」

【南京事件】菅官房長官は30日のフジテレビ「新報道2001」で、中国の習近平国家主席がドイツ・ベルリンでの講演で旧日本軍による南京事件の犠牲者を「30万人以上」と発言したことに対し「第三国に行って日本の歴史を取り出して、このような発言をすることは極めて遺憾だ」と述べ、中国側に抗議したことを明らかにした。菅氏は出演後、記者団に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中韓・対日共闘】菅長官、「核サミットで中韓だけ外れていた」 韓国「常識外れ」長官批判

【中韓・対日共闘】菅官房長官は29日のテレビ東京番組で、中国の習国家主席と韓国の朴大統領が初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の記念館建設で両国関係が強化されたとの認識で一致したことについて「中韓は核安全保障サミットで、そういう会談をしていた。2ヵ国だけ(サミットの趣旨から)外れている雰囲気だった」と述べ、改めて不快感を示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中国問題】「中国、力背景に現状変更を試みている」 首相、G7で批判

【対中国問題】安倍首相は27日、FMラジオ番組でオランダでの先進7カ国(G7)緊急首脳会議の席上、中国の国名を明示した上で「東シナ海でも南シナ海でも力を背景にした現状変更の試み、兆発が行われている」と批判したことを明らかにした。クリミアを併合したロシアについては「経済的な制裁に無責任な報復をするかも知れない」と指摘したという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】首相、「建前に終始している余裕はない」。 石破氏、具体的事例を議論

【集団的自衛権】安倍首相は22日、防衛大学の卒業式で訓示し、「現実から目を背け、建前論に終始している余裕はない。必要なことは現実に即した具体的な行動論と法的基盤の整備だ」と述べた。首相は、日本近海の公海上で米軍イージス艦が攻撃される事態を例示し「机上の空論ではなく現実に起こりうる。 その時に日本は何もできないでよいのか」とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中国問題】中国人「強制連行」訴状受理。 菅長官、「請求権は存在せず」 

【対中国問題】菅官房長官は2月26日の記者会見で、戦時中に「強制連行」されたとして、中国人労働者らが日本企業に損害賠償を求める提訴を中国で行ったことについて「「先の大戦にかかわる日中間の請求権問題は存在していない」との考えを示した。戦時賠償は、1972(昭和47)年の日中共同声明で、中国が日本への請求権を放棄している。 ▽菅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中国、北朝鮮】中国と北朝鮮、対日批判 「ネガキャン繰り返すな」菅長官が激しく反論

【対中国、北朝鮮】中国と北朝鮮の国連代表部幹部は17日、国連本部で開催中の「女性の地位に関する委員会」会合で、旧日本軍の慰安婦問題や安倍首相の靖国神社参拝を取り上げ、対日批判を展開した。 中国の王民国連次席大使は慰安婦制度が「20世紀の歴史の最も恥ずべき一章だ」と強調。北朝鮮のキム・ソン参事官は安倍首相の靖国神社参拝について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国全人代】「戦争を恐れない」と軍関係者、中国で続く対日強硬発言

【中国全人代】中国で3日に開幕した国政助言機関、人民政治協商会議と、5日に開幕する全国人民代表大会(全人代)に参加の中国軍関係者が中国メディアの取材に応じ、「(日本との)戦争を恐れない」などと対日強硬強硬発言を続けている。政協委員の銭利華氏は3日、新華社に、「一発目を撃たれれば、中国(軍)は力強く反撃を加えるだろう」と主張。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【首相靖国神社参拝】首相、「国際的非難解くため努力したい」 「私の努力も足りない」

【首相靖国参拝】安倍首相は27日の衆院予算委で、自身の昨年末の靖国神社参拝について「国際的に現実問題として非難がある。非難を解くためのさまざまな努力をしたい」と述べた。 首相は「日本のリーダーとして国のために戦った方々の御霊に手を合わせ、冥福を祈る行為自体が外交、国際問題になっているのは大変不幸だ」と強調した。 「そうしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国識別圏】日米共同で中国識別圏の妥当性提起 ICAOに書簡

【中国識別圏】日米両政府は、東シナ海上空に防空識別圏を設定した中国を念頭に、民間航空機の飛行ルールを確認する書簡をカナダ・モントリオールの国際民間航空機関(ICAO)事務局に連名で提出した。外務省が11日発表した。 書簡は中国の識別圏が日本や韓国、台湾の航空管制空域をまたぐ形で設定されたことを踏まえ、特定国が他国の管制空域を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中国問題】中国、日本企業を提訴 戦争賠償請求権、国交正常化時に放棄

【対中国問題】日中両国は1972年の国交正常化にあたり、日中共同声明を発表し、日本は過去の戦争で中国に与えた損害について「責任を痛感し、深く反省する」と声明。中国が「日中両国民の友好のために、日本に対する戦争賠償の請求を放棄する」と宣言した。中国で日本への民間賠償請求を認める動きが表面化したのは、江沢民政権が日本の歴史問題に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日米関係】「歴史の見直しについて説明せよ」 安倍首相に米紙が社説

【日米関係】米下院の日系議員、マイク・ホンダ氏は、ケリー国務長官にあてた書簡で、慰安婦問題に関する正式な謝罪を日本に促すよう求めた。書簡の中で、ホンダ氏は安倍首相の靖国参拝や、慰安婦問題をめぐる橋下市長やNHKの籾井会長の発言に触れ「「問題が解決していないのは明らかだ」と主張。「日本政府が過ちを認めることによる和解が唯一の解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【尖閣諸島】米高官、「日本の施政権を一方的に害する行為だ」 尖閣めぐり中国批判

【尖閣諸島】米ホワイトハウス国家安全保障会議のメデイロス・アジア上級部長は11日、ワシントンで講演し、尖閣諸島に対する日本の施政権を「一方的に害する行為に反対する」と述べ、中国による東シナ海上空への防空識別圏設定などを批判した。 メデイロス氏は「日本は米国の同盟国であり、緊密な友好国だ」と強調。尖閣が米国の対日防衛義務を定め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中国、韓国問題】外交世論調査「中国に親しみ感じない」8割超 日韓関係「良好でない」

【対中国、韓国】内閣府が11月23日に発表した「外交に関する世論調査で」で、中国に親しみを感じない」と回答した人が80.7%となり、昭和55年の調査開始以来、過去最高となったことが分かった。 韓国への親近感も低く、日本と両国との最近の関係冷え込みを反映した結果となった。 日中関係について「良好だと思わない」が91.0%だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対中国問題】米国務長官、中韓との改善促す  岸田外相は努力約束

【対中国問題】日中間で尖閣諸島を巡る紛争が起きた場合、米軍は日本の主権を守るためにB-52戦略爆撃機を配備するかもしれない…日本のメディアを引用して中国紙グローバルタイムズが報じました。 米国のB-52爆撃機は昨年にも中国の防空識別区域の上を飛行することがありました。そしてグアムに配備されているB-52は中国に対して戦略的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国問題】南シナ海で「中国に対抗するには支援が必要」 比大統領が米紙に

【中国問題】フィリピンのアキノ大統領は4日、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューに応じ、南シナ海での海洋権益をめぐる中国の強硬姿勢に対抗するためには、各国の強力な支援が必要だと訴えた。同紙電子版が伝えた。アキノ氏は第2次世界大戦を防ぐため、ヒトラーをなだめて1938年にチェコスロバキア・ズデーテン地方をナチス・ドイツに割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国問題】韓国は「友」、日本は「敵」…中国が20年貫いた中立路線を一変

【中国問題】香港紙・大公報(電子版)は4日、「習近平が韓国と連携して日本制圧へ、中国は『無敵無友』の外交政策を放棄」と題した記事で、中国が過去20年間の中立路線を放棄し、韓国を「友」、日本を「敵」とする外交姿勢に転じたと報じた。朴大統領の2月2日の誕生日に合わせ、中国の習近平国家主席がこれを祝う書簡を送り、年内に訪韓する意向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more