テーマ:集団的自衛権

【集団的自衛権行使容認】世論調査 公明支持層、反対増も「連立維持」8割

【集団的自衛権行使容認】集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更に強い慎重姿勢を示しながらも、最終的に受け入れた公明党。産経新聞社とFNNの合同世論調査からは、反対を貫くことができなかった一つの要因が読み取れた。 公明党が行使容認を受け入れたのは、自民党との連立維持を優先したためだ。調査で「自民党が連立政権を組む相手として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権行使】を歓迎、アミ―テージ元国務副長官らが会見「同盟を活性化」

【集団的自衛権行使】アミ―テージ元国務副長官ら知日派の米有識者グループが14日、都内で記者会見し、安倍政権が行った集団的自衛権行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定について「日米同盟を活性化させる」と歓迎した。 ナイ元国防次官補は、海洋進出を活発化させる中国に「慎重で責任ある行動」を求める上でも、集団的自衛権に基づく強力な日米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権行使】「民主党は抑止力の重要性の認識に欠ける」菅長官が批判

【集団的自衛権行使】小野寺防衛相は15日の記者会見で、年末までに再改定する日米防衛協力の指針に関し、日米防衛・外務当局による審議官級協議を同日に都内で開催することを明らかにした。 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定をした1日以降で初めて。小野寺氏は「詳細について意見交換を求められる。しっかり対応する」と述べた。 菅官房長官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】で「特別委設置を」高村氏 日米防衛指針で審議官級協議

【集団的自衛権】自民党の高村副総裁は16日、集団的自衛権の行使を可能にする閣議決定に基づく安全保障関連法案の国会審議に関し「特別委員会をつくり、国民の前で大議論をしていくのがいい」と述べ、来年の通常国会で衆参両院に特別委を設置すべきだとの認識を示した。党本部で記者団に語った。 高村氏は、平成11年の周辺事態法制定の例を引き合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権行使容認】公明代表、学会見解受け「国民に説明責任果たす」

【集団的自衛権行使容認】公明党の山口代表は3日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認に関し、支持母体の創価学会広報室が公明党の努力に理解を示す見解を出したことについて「そうしたコメントを認識した上で、今後、国民に広く説明責任を果たすことが大事だ」と述べた。 ▽ドイツ政府のウィルツ報道官代理は2日の定例記者会見で、安倍政権が閣議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】「わが国を防衛するためのもの」政府、HPでアピール

【集団的自衛権】政府は内閣官房のホームページで、集団的自衛権の行使を可能にする閣議決定を一般向けに説明する一門一答を掲載した。計22問からなり、閣議決定について「わが国を防衛するために、やむを得ない自衛の措置として必要最小限の武力の行使を認めるものだ」と理解を求めた。 「戦争への道を開くものではない」と強調。「自衛隊が、海外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権・閣議決定】山口氏「憲法の平和主義を堅持」 野党4党が反対声明

【集団的自衛権・閣議決定】公明党は5日、集団的自衛権の行使を限定容認した憲法解釈変更について説明するため、党本部で「全国県代表協議会」を開いた。山口代表は「憲法の平和主義を堅持する結論を導いたと確信している」と述べ、慎重論が強かった地方組織の代表らに理解を求めた。 公明党の西田参院幹事長は会合後、記者団に「1週間前とは全然違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】閣議決定を説明 安倍首相、豪州と「準同盟」確認へ 

【集団的自衛権・閣議決定説明】首相は6日から12日の7日間、ニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニアの3カ国を訪問する。豪州では経済連携協定に加え、日本の潜水艦技術など防衛装備品の共同開発に関する協定に調印する。集団的自衛権の行使の限定容疑を決めた日本の閣議決定に対して、豪州側から歓迎の意が示される見通しだ。太平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】「早急に法整備始めたい」小野寺防衛相が自衛隊員に訓示

【集団的自衛権】小野寺防衛相は2日、陸上自衛隊鯖江駐屯地(福井県)を訪れ、隊員たちへの訓示で「国民が自衛隊に期待する役割をしっかりと果たせるように、早急に法整備の作業に入りたい」と述べた。集団的自衛権行使を容認する閣議決定後、防衛相が現場の自衛官に訓示するのは初めて。防衛相は訓示の中で、法整備の目的を現場の隊員が判断に迷うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権・閣議決定】自民・高村氏、「説明責任果たす」「これからが勝負だ」

【集団的自衛権・閣議決定】集団的自衛権の行使を認める安倍政権の閣議決定を受けて、与党協議の座長を務める自民党の高村副総裁は、「私たちは国民から十分理解を得られていないというのはそのとおりだと思いますし、それを理解を得るべく説明責任を果たしていく」(自民党・副総裁) 高村氏はこのように述べたうえで、「集団的自衛権の行使を認める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】首相、容認で「戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」

【集団的自衛権】安倍首相は1日の記者会見で、集団的自衛権行使を容認する閣議決定について「海外派兵は一般に許されないという従来の原則は全く変わらない。 自衛隊がかっての湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加することはこれからも決してない」と述べた。同時に「閣議決定により戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく。再び戦争する国にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】菅氏「速やかに閣議決定」1日想定 在日中国大使館報道官が「懸念」

【集団的自衛権】菅官房長官は27日の記者会見で、集団的自衛権行使を可能にする憲法解釈変更に関し「(与党協議)のめどがついてきたのなら、速やかに閣議決定した方がよい」と述べた。自民、公明両党が閣議決定案に関して合意する見通しの7月1日を想定しているとみられる。 ▽岸田外相は27日の記者会見で、憲法解釈の変更による集団的自衛権の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】週内の与党合意は厳しい情勢 閣議決定後に国会で説明へ

【集団的自衛権】公明党内では党内の意見集約が難航していて、週内の与党合意は厳しい情勢となったいます。「いずれにしても金曜日に完全に集約できるとは思っていません」(公明・北側副代表) 公明党の党内協議では、出席者からは、「集団的自衛権の行使により明確な歯止めを設けるべきだ」などという異論が出ました。金曜日には政府が自公両党に閣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】石破幹事長「今週中にまとめたい」 自公安全協議、最終局面に

【集団的自衛権】自民、公明両党による集団的自衛権の行使容認など安全保障法制をめぐる協議は、最終局面に入る。自民党の石破幹事長は22日夜、BS-TBSの番組で「今週中にはなんとかまとめたい。安倍首相がオーストラリアなどを訪問する7月6日までに閣議決定という一つの節目は迎えたい」と述べた。(msnニュース)抜粋。 ▽複数の政府与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】自公党首会談 行使容認、月内に合意  閣議決定、7月4日で調整

【集団的自衛権】安倍首相と公明党の山口代表は19日、首相官邸で会談し、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の変更について、与党協議で早期に結論を得る方針を確認した。 政府は閣議決定の時期について、首相の外遊出発前の7月4日で調整しており、与党合意は月内に実現する見通しだ。 首相は会談で、「与党協議をしっかりお願いしたい」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】憲法解釈見直し「「当初から期限ありきではない」菅長官

【集団的自衛権】菅官房長官は18日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈見直しについて、「当初から期限ありきではなかった」と述べ、22日に会期末を迎える今国会中の閣議決定にこだわらない考えを示した。 ▽安倍首相と公明党の山口代表は19日会談した。政府は閣議決定の時期について、首相の外遊出発前の7月4日で調整して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】首相、シーレーンの機雷掃海も可能に 公明、慎重姿勢 

【集団的自衛権】安倍首相は14日、与党で協議されている自衛権の発動の新しい3要件をめぐり、政府が集団的自衛権の行使の事例に挙げた戦闘下の海上交通路(シーレーン)に機雷掃海も可能にしたいとの考えを示した。 公明党は、集団的自衛権の行使容認による機雷掃海に慎重な姿勢を取っている。首相は、シーレーンを通じた石油、食料などの輸入が資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】「閣議決定し抑止を利かせる」党首討論で首相

【集団的自衛権】安倍首相は11日、今国会初の党首討論に臨み、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更について「与党の真剣な議論の結果、政府としての立場を決定し、閣議決定する。切れ目のない防衛を行い、同盟国との関係を強化し、強い絆でしっかり抑止を利かせる必要がある」と改めて決意を表明した。 首相は「紛争が起こって、そこから逃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】ケネディ大使「集団的自衛権で同盟“近代化”を」

【集団的自衛権】超党派の日米国会議員連盟(中曽根弘文会長)は13日、国会内で開いた総会にケネディ駐日米大使を招いた。ケネディ氏は「集団的自衛権に関する重要な議論の結果を盛り込んだ最新の日米防衛協力のための指針(ガイドライン)を通じて、同盟関係を“近代化”する必要がある」と述べ、集団的自衛権の行使容認に向けた議論の進展に期待感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】自公“限定容認”案が浮上

【集団的自衛権】自民・公明の間でギリギリの調整が続いている集団的自衛権で新たな動きです。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使について、極めて限定的な形で閣議決定で認める案が浮上しました。 「私は急いでいるわけではありません。しかし、決めるべきときに決めていくのが責任与党のありかただろうと、このように考えております」(安倍首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】「20日にも閣議決定行いたい」と高村氏、北側氏は慎重姿勢

【集団的自衛権】自民党の高村副総裁は11日、都内で公明党の北側副代表と会談し、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更に向けた閣議決定に関し、20日にも行いたいとの考えを示した。北側氏は慎重姿勢を崩さなかったもようだ。自民党の幹部によると、高村氏は20日に閣議決定をするため、「政府が13日の与党協議で閣議決定原案を提出するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】橋下氏、集団的自衛権で政権に協力姿勢 テレビで意向 公明けん制か

【集団的自衛権】日本維新の会の橋下共同代表は7日の読売テレビ番組で、集団的自衛権の行使容認問題に関し、日本維新として安倍政権への協力を惜しまない考えを表明した。自民、公明両党の協議が難航している状況を踏まえ、行使容認に慎重な公明党をけん制する狙いとみられる。「われわれの参院の議席数があれば、(自民党と合わせ)過半数を取れる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】「集団的」抜き「自衛権行使できる」 政府、閣議決定案提示

【集団的自衛権】政府は9日、集団的自衛権の行使容認に向けた閣議に関し、「必要最小限度の自衛権を行使できる」とする文案を自民、公明両党に提示した。公明党側は集団的自衛権の範囲が広がりかねないとの危惧から「受け入れられない」とした。 与党に提示した政府案は「集団的」という文言はないものの、単に「自衛権」とすることで「必要最低限度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】集団的自衛権発動時「米軍指揮下に入らず」小野寺防衛相

【集団的自衛権】小野寺防衛相は6日の安全保障委員会で、集団的自衛権が発動された場合の自衛権の運用に関し「わが国に対する武力攻撃で日米両国が共同対処する場合、わが国はそれぞれの指揮系統で行動する。米軍に指揮下に入る想定はしていない。集団的自衛権の場合も同様だ」と述べた。 一方、岸外務副大臣は委員会で、集団的自衛権の行使容認で自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】麻生副総理、「ぜひ、世論喚起を」若手に「自分の言葉でわかりやすく」と指示

【集団的自衛権】麻生副総理兼財務相は29日の派閥例会で、安倍首相が目指す集団的自衛権の行使容認方針について、出席議員に「ぜひ、世論喚起を」と注文をつけた。 麻生氏は「新聞を見ていると『明日にも戦争が始まる』という書き方が多い。戦争を起こさせない抑止力なんだから、抑止力やったら戦争が始まります、なんていうのは論理の組み立てから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権・閣議決定】「今国会中の閣議決定は望みなきにしもあらず」高村氏前向き

【集団的自衛権・閣議決定】自民党の高村副総裁は4日、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更について、「今国会中の閣議決定は望みなきにしもあらず」と述べ、前向きな見通しを示した。党本部で記者団に答えた。 高村氏は公明党が与党協議の開催ペースを増やすことに合意したことに加え、「真摯な議論もしていただいている」と指摘。政府が多国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】維新分裂 自民は静観 集団的自衛権は公明説得しか道なし

【集団的自衛権】自民党は日本維新の会の分裂を静観している。もはや「責任与党」として期待するわけにはいかず、集団的自衛権の問題では、行使容認に向け、粘り強く公明党を説得するしか解決策はなさそうだ。 維新の石原共同代表は29日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認に反発する公明党について「党首討論で『必ず手足まといになる』と言った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】首相「行使できなければ明らかに不利益だ」過去の政府答弁に反論

【集団的自衛権・衆院予算委】安倍首相は28日の衆院予算委員会で、集団的自衛権の行使が認められなくても「不利益は生じない」とした昭和56年の政府答弁書に関し「日本の近国で紛争が起こり、逃れる邦人を日本に輸送する米艦を(集団的自衛権の行使で)自衛隊が守れなくて良いのか。これは明らかに不利益だ。そういう観点から今後与党で検討してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権与党協議】もっと与党協議を!自民、時間や頻度拡充を公明に提案

【集団的自衛権与党協議】自民党の石破幹事長は30日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更について「今国会会期内をめどとし、そこに向けて議論が進展するよう努力したい」と述べた。また、そのために自民、公明両党の協議について「(一回の)協議時間を延すとか、開催頻度を増やすこともある」と指摘し、次回6月3日の与党協…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】自民、15事例提示も合意なし 公明、「より具体的ケースを」議論進まず

【集団的自衛権】政府は23日、集団的自衛権行使を含む安全保障法制の整備に向けた与党協議のたたき台として、検討対象となる具体的な15例を自民、公明両党の幹部に示した。事例集は27日の協議で正式に提示され、事例をもとに法整備のあり方や、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しの必要性などを話し合う。 公明党が慎重な集団的自衛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more