テーマ:日米同盟

【普天間飛行場移設】菅長官、「粛々と進めることに変わりはない」

【普天間飛行場移設】菅官房長官は11日、来日中のマッキーオン米下院軍事委員長らと東京都内で会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し「強い決意をもって進めていく」と述べた。マッキ―オン氏は歓迎する意向を示した。菅氏は安倍政権が掲げる「積極的平和主義」や、集団的自衛権行使を可能とする閣議決定を説明。マッキ―オン氏は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オスプレイ佐賀空港配備】防衛相、急患輸送の活用伝達 オスプレイ、父島に

【オスプレイ佐賀空港配備】小野寺防衛相は28日、米軍新型輸送機オスプレイに乗り、東京都小笠原村の硫黄島から父島まで飛行した。 村役場で森下村長らと会談し、2015年度以降に自衛隊にオスプレイを導入した場合、小笠原諸島の緊急輸送に活用する意向を伝えた。 防衛省はオスプレイの佐賀空港への配備計画をめぐり佐賀県側と協議中だが安全性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オスプレイ佐賀空港配備】南西防衛強化と沖縄負担軽減 古川知事説得は未知数

【オスプレイ佐賀空港配備】自衛隊と米軍のオスプレイの佐賀空港への配備は、南西防衛強化と沖縄県の基地負担軽減という一石二鳥を見据えた計画だ。佐賀県の古川知事は国防への理解があり、政府は受け入れの政治決断を期待して白羽の矢を立てた。 「オスプレイは水陸機動団の機動作戦の中核だ」 「配備先は水陸機動連隊と連携を確保できる場所」 菅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【オスプレイ佐賀空港配備】防衛相、オスプレイ購入、来年度予算要求計上を明言

【オスプレイ佐賀空港配備】小野寺防衛相は10日、米軍輸送機オスプレイの購入費を来年度の概算予算要求に計上する考えを明言した。「非常に狭いところに着陸できて早いスピードで遠くまで飛べる」と述べ、離島防衛に利点があると強調した。ワシントン近郊の国防総省でオスプレイに試乗した後、記者団に語った。 機体の安全性については改めて問題な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【対韓国問題】日韓局長級協議は23日、ソウルで開催 10月に日韓の議連総会

【対韓国問題】外務省は18日、日本と韓国の外務省局長級協議を23日に韓国・ソウルで開催すると発表した。日本から外務省の伊原純一アジア大洋州局長、韓国から李相徳東北アジア局長が出席する。 日本側は河野談話の作成過程の検証結果について説明し、理解を求める。 ▽超党派の日韓議員連盟は18日、韓国の韓日議員連盟との合同幹事会を国会内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権行使】を歓迎、アミ―テージ元国務副長官らが会見「同盟を活性化」

【集団的自衛権行使】アミ―テージ元国務副長官ら知日派の米有識者グループが14日、都内で記者会見し、安倍政権が行った集団的自衛権行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定について「日米同盟を活性化させる」と歓迎した。 ナイ元国防次官補は、海洋進出を活発化させる中国に「慎重で責任ある行動」を求める上でも、集団的自衛権に基づく強力な日米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権行使】「民主党は抑止力の重要性の認識に欠ける」菅長官が批判

【集団的自衛権行使】小野寺防衛相は15日の記者会見で、年末までに再改定する日米防衛協力の指針に関し、日米防衛・外務当局による審議官級協議を同日に都内で開催することを明らかにした。 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定をした1日以降で初めて。小野寺氏は「詳細について意見交換を求められる。しっかり対応する」と述べた。 菅官房長官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】で「特別委設置を」高村氏 日米防衛指針で審議官級協議

【集団的自衛権】自民党の高村副総裁は16日、集団的自衛権の行使を可能にする閣議決定に基づく安全保障関連法案の国会審議に関し「特別委員会をつくり、国民の前で大議論をしていくのがいい」と述べ、来年の通常国会で衆参両院に特別委を設置すべきだとの認識を示した。党本部で記者団に語った。 高村氏は、平成11年の周辺事態法制定の例を引き合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【政治・外交】「安部首相はもう靖国に行かない」 高村氏「日中関係が進展すれば」

【日米関係】来日中のノベリ米国務次官が、7日、都内で記者会見し、日米両国は中国に法の支配を尊重させ、貿易ルールや国際法を守らせることで得られる利益を共有していると指摘し、サイバー犯罪の防止策などで、日本との協力体制を強化する意向を示した。また、サイバー攻撃による企業情報の不正入手を強く懸念し、9日から始まる米中対話で改めて問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【アジア安保会議】「国際法とは相いれない」、中国軍に質問集中 強硬姿勢に強い懸念

【アジア安保会議】シンガポールで1日開かれたアジア安全保障会議では、各国の有識者から中国人民解放軍の王冠中副参謀長に質問が集中し、東・南シナ海で強硬姿勢を強めている中国に対して各国が強い懸念や関心を抱いていることが浮き彫りになった。 約1時間45分にわたった分科会では王氏とロシアのアントノフ国防次官の2人が演説。これを受け質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【集団的自衛権】「容認されれば自衛隊との統合運用強化へ」 集団的自衛権で米軍高官

【集団的自衛権】米海軍制服組トップのグリナード作戦部長は19日、ワシントンのシンクタンクで講演し、日本の集団的自衛権行使が容認されれば、米海軍と自衛隊の統合運用の強化につながるとして期待を表明した。グリナード氏は「日本は東北アジアの安全保障に最も重要な鍵を握る」と指摘。「米空母打撃群と海上自衛隊は共同で作戦を行う統合化を進め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日米同盟・集団的自衛権】石破氏、「行使を可能にすることで、同盟が強化される」 米で

【日米同盟と集団的自衛権】訪米中の自民党の石破幹事長は30日、バーンズ米国務副長官と国務省で会談した。バーンズ氏は北朝鮮問題を念頭に「日韓関係がしっかりしなければ米韓同盟も十分に機能しない」と語り、韓国との関係改善を促した。 石破氏は「河野談話を変更するつもりはない。慰安婦問題では非常に心を痛めている」と述べた。また、「今で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日米同盟】米、介入発言で自制促す 尖閣めぐり中国に「勇ましい発言」

【日米同盟】ヘーゲル米国防長官は日本と中国の歴訪で尖閣諸島の防衛義務を繰り返し明言。有事の際の米国の行動に不安を抱く同盟国日本に配慮する一方、介入への決意を示して中国の自制を促す両にらみ対応が浮き彫りになった。「アジア太平洋地域は世界で最も軍備増強が進む地域であり、致命的な衝突が生じる恐れがある」。ヘーゲル氏は8日、北京の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中国観艦式】米、艦船見送り、高官は派遣 「海自外し」に抗議  海自に招待状届かず

【中国観艦式】中国海軍が4月下旬に中国・青島で開催する国際観艦式について、海上自衛隊に派遣を要請する招待状が届いていないことが30日、分かった。国際観艦式は、平成21年4月以来5年ぶりで、今回は中国海軍創設65周年を記念し、アジア太平洋地域各国の艦船を招いて開催される。中国海軍は、米露など14カ国の艦船21隻が参加した前回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【拉致問題】オバマ氏と拉致被害者家族の面会に期待 担当相「極めて大きな意義」

【拉致問題】古屋圭司拉致問題担当相は11日の記者会見で、今月下旬に来日するオバマ米大統領と拉致被害者家族の面会を米側に打診していたことを明らかにした。今月の3日に米国のキング北朝鮮人権担当特使と会談した際に、「家族会から(面会を要望する)声がある」と要請。キング氏は「本国の関係者に伝える」と応じたという。 古屋氏は「拉致問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワーク氏、中国の軍拡「地域の脅威になっている」 米軍、日本拠点に中国牽制 日本の役割拡大にも期待

【中国軍拡】米国防総省の次期副長官に指名されたワーク氏は25日、指名承認をめぐり上院軍事委員会に提出した書面証言で、中国の急速な軍拡と透明性の欠如が地域の脅威になっているとの認識を示した。核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮については、金正恩第1書記長が国内の権力を全て掌握、さらに強化しているとの見方を示した。(msnニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日米関係】米紙またまた安倍首相批判 「日米関係に深刻な脅威」NYタイムズ

【日米関係】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、安倍首相の姿勢を「ナショナリズム(国家主義)」と指摘し、日米関係の「ますます深刻な脅威になっている」と批判する社説を掲載した。同紙社説では、これまで数回にわたり、安倍氏の「国家主義が」が危険だと訴えている。 米国は日米安全保障条約に基づき日本を守ろうとしている一方、日中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日米関係】「歴史の見直しについて説明せよ」 安倍首相に米紙が社説

【日米関係】米下院の日系議員、マイク・ホンダ氏は、ケリー国務長官にあてた書簡で、慰安婦問題に関する正式な謝罪を日本に促すよう求めた。書簡の中で、ホンダ氏は安倍首相の靖国参拝や、慰安婦問題をめぐる橋下市長やNHKの籾井会長の発言に触れ「「問題が解決していないのは明らかだ」と主張。「日本政府が過ちを認めることによる和解が唯一の解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more